2024年7月14日日曜日

20240714 2カ月ぶりの川原橋地区のクリーン活動を少ない人数で頑張りました

 今日は第二日曜日で、川原橋地区のクリーン活動の日です。先月は雨で中止となったために、2カ月ぶりの活動でした。レギュラーメンバーで体調不良や急な予定が入った方が出て、3名の少ない人数で、1時間、頑張りました。

高水敷への降り口は限られていて、そこに行き着くまでに川の側の道路を歩いて行きますが、たばこの吸い殻がそここに落ちていました。川の高水敷で目立ったのは、ポリ袋、ペットボトル、マスク、そして糞袋をはじめとする投棄ゴミです。まとまった雨が降ったときに高水敷も川の水に浸かってゴミが流されたのでしょう。2カ月ぶりにしては、ゴミの量は多くなかったです。壊れたラジコンも放置されていました。




活動の終わり頃、ビオトープに保育園児と若いお婆さんが虫取り網とカゴを持って通りがかかりました。虫を捕まえに来たと言う事ですが、クラブのメンバーが高水敷に群れているベンケイガニを捕まえて、カゴに入れてくれました。お子さんは、間近でじっくりと観察するのは、初めてとのことです。福田川でたくましく暮らす生物の理解者が増えることは、喜ばしいです。




2024年7月7日日曜日

20240707 じりじり照りつける日差しの元、つつじが丘とあじさい公園で元気にクリーン活動を行いました

 今日は第1日曜日で、福田川上流のつつじが丘とあじさい公園のクリーン活動の日です。つつじが丘の集合時間は8時ですが、すでにじりじりと照りつける日差しで、汗びっしょりになります。8時30分のあじさい公園の集合時間には、刺すような暑さになっていましたが、クラブのメンバーはそれをものともせず、元気にクリーン活動を行いました。


数日前までまとまった雨降りが続いたからか、普段よりも水量が多めでした。そのため、臭気やあぶくは無く、堰を伝い落ちる水の音も心地よかったです。





あじさい公園のビオトープも、導水管の詰まりが解消したようで、まとまった量の比較的綺麗な水が流れ出ていました。睡蓮が朝限定の花を開いていました。

また、今日は7月7日で七夕の日。名谷地区の自治会メンバーが総出で、あじさい公園では七夕まつりが行われます。朝早い時間ですが、既に準備を始まっていました。公園では近くの薮から切り出した竹を利用した立派な七夕飾りが立てられていました。昼頃からは、屋台もオープンして、浴衣着の来場者で埋め尽されることでしょう。




2024年7月6日土曜日

20240706 梅雨明けを思わせる天気のもと、川原橋ビオトープから瑞穂公園前の右岸の草刈りを行いました

昨日、今日の午前中、炎天下のもと、二日間掛けて、川原橋ビオトープから瑞穂公園前の右岸360メートルほど区間の雑草雑木刈り取り作業を行いました。これまでまとまった雨降りが続いたからか、雑草雑木が良く伸びていて結構な薮になっていました。あと1回、50メートルほど進めば、右岸のクリーン活動で立ち入る区間は貫通です。これでビオトープに生き物を観察にやって来る親御さんや、来週のクリーン活動のメンバーが、安全に高水敷に立ち入れます。

来月8月17日(土)には「福田川 川底のゴミ拾い・生き物調べ&川遊び」を行います。来場者が気持良く、福田川で遊べます。



橋の下が日陰で休みたいのですが、投棄ゴミのニオイがひどく、長くとどまれません。

高水敷や壁面では、たくさんのベンケイガニ達が草刈りを何事か、と眺めていました。