2021年4月11日日曜日

20210411 うららかな福田川河口はたばこの吸い殻とやはりマスクが目立ちました

 今日は第二日曜日で、福田川河口〜瑞穂公園前のクリーン活動の日です。朝起きたときには、寒さを感じましたが、8時からのクリーン活動の頃には、強い春の日差しを浴びてぐんぐん気温が上がり、暑くも無く寒くもないうららかな陽気になりました。

兵庫県神戸建設事務所と、神戸市建設局垂水建設事務所の連係プレーで1月に高水敷の雑木がきれいに取り払われました。そのおかげで、ゴミが引っかかるところが少なくなりました。今日、目立ったのは、大半が道路の側溝から流れ着いたであろうたばこの吸い殻。そして、やはりマスクでした。コンビニのラベルが付いたワンカップ焼酎のビンも、まとまって捨てられていました。変わったところでは、婦人のショーツ。洗濯物が飛んできたのかもしれません。




川の中では、ボラとクサフグが群れを成して泳いでいて、水面をジャンプして遊ぶ魚もいました。

川原橋ビオトープへの導水路はゴミが詰まりやすいのですが、今日も、プラスチックのトレーが水の流れを塞いでいました。メンバーが火ばさみやクリーン活動で拾ってきた棒でトレーを突っつき、水路から流し出すことができました。

ビオトープでは、2月のまとまった雨で土と草でできた自然のえん堤の一部が流失していましたが、春の訪れと共に復活。再び水が溜まるようになりました。来月には、メダカや水生生物が見られるようになるのでは、と期待します。



次回の川原橋地区のクリーン活動は、5月9日(日)8時からです。生き物観察を兼ねて、ぜひ、ご参加下さい。



2021年3月28日日曜日

20210328福田小学校前〜コープこうべ福田店前は、マスク、ビニール、吸いがらがたくさん

 天気予報は雨降りでしたが、9時前にはいったん上がっており、ゴミも目立つようなので、クリーン活動を決行しました。幸いなことに10時前の作業終了時までは小降りでした。

今日目立ったのは、マスクです。3名で作業を行いましたが、私だけでも10、4,5枚拾いました。こんなたくさんのマスクがどこから高水敷にたどり着いたのか、不思議です。付けている不意に外れて飛ばされることはまずないはず。外出時には付けていて、取り外すのは自宅ではないでしょうか。家の入り口でマスクを道路に捨てる人もまずいないと思います。それとも、公園や広場での運動の時でしょうか。


不織布は川の流れや雨水に当たってもなかなか劣化、崩壊せず、ゴム紐は木の枝や草に引っかかり易く、草木に藻や雑草をせき止める役目を果たします。ポイ捨てしないで頂きたいです。

その他目立ったのはビニール袋、そして吸いがらです。衣装ケースの残がいも落ちていました。投棄はみっともないので、止めて欲しいです。

兵庫県・神戸土木事務所、神戸市・垂水建設事務所の連携で、2月に、きれいに雑草・雑木が刈り取られ、搬出されました。それでも、たくましいもので、足のくるぶしのあたりまで伸びてきています。夏頃には、例年のように刈り取りが必要かもしれません。

次回の福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動は、4月25日(日)、9時からです。一人でも多くの地域の皆さまに参加頂き、福田川の現状を知って頂きたいです。


2021年3月14日日曜日

20210314 今月の川原橋地区のクリーン活動ではビンカンとたばこの吸い殻が目立ちました

 今日は第二日曜日で、福田川川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動の日です。肌寒さは残るものの素晴らしい天気のもと、クリーン活動を行いました。いつものメンバーが、仕事や体調不良で欠席の中、今日はうちの家族が全員参加しました。

川原橋の河川回収ゴミ専用置き場には、すでに回収されたと思われる大物のゴミが何袋も入っていました。先々週の雨降りで高水敷のビオトープ付近に大物のゴミがたまっているのが気になっていましたが、どなたかが集めて下さったのだと思います。

今日の高水敷は、一昨日からの強い雨風で大物のゴミが流されたのか、左岸も大物は少なく、目立ったのはビンカンペットボトル、そしてたばこの吸い殻です。たばこの吸い殻は、側溝に捨てられたのが、雨で川にまで流れ着いたのかもしれません。火ばさみで拾うと、雨に濡れた吸いがらは非常に臭い、不快です。



変わったものでは、ゴミではありませんが、小さなカエルの一夜干しを一番下の娘が見つけました。ビオトープの岸壁には、ボラの大群が集まっていました。すでに本格的な春がそこまで来ていることを実感させられます。


次回の川原橋地区のクリーン活動は、4月11日(日)の朝8時からです。ご参加をお待ちしています。

2021年3月5日金曜日

20210305福田川源流の滝ヶ谷奥池のかい掘り作業(2回目)に参加しました

 年度末で忙しいのですが、仕事の休みを頂き、福田川源流の滝ヶ谷奥池のかい掘り作業(2回目)に参加しました。前日の天気予報は雨のち曇りでしたが、小やみ無く降り続く小雨の中、神戸市職員や池の敷地を管理する公園緑化協会職員と共に、世界各国から神戸に来て学んでいる留学生ボランティアが元気に作業を行いました。

今日のお題は、池にたまった砂を土のう袋に入れて池の端の岩に沿って積み上げることです。池は、長年の土砂のたい積で護岸の侵食が進み、岩肌が切り立ったようになっています。かい掘りで水位を下げて地上に現れたきれいな砂をシャベルで4回掬い、もう一人のメンバーが口を広げた麻袋に放り込みます。その袋の口を麻ひもで3重、4重に固く縛って護岸に運びます。多少雨を含んだ砂が入った麻袋は結構な重さです。私のウエストも数ミリは、減ったことでしょう。



中国語や英語を始め、色々な言葉を飛び交わせて、ワイワイ言いながら、作業は進みました。麻袋が順調に積み上がり、池のへりの土手から砂地に下りる場所ができ上がりました。これを活用して、新年度から、神戸大学の研究チームにより、池の中に効率的に二酸化炭素を吸着する植物が植えられ、観測が行われます。

前回作業で池の中に水の流れを作るためにすくい上げて固めた土が、その後の雨降りにもかかわらず残っていました。それだけではなく、しっかりと固まっていて、前回はコンパネを敷かないとズボズボはまって危険極まりなかったのに、今日は、長靴で足を取られずに通行できました。竹パウダーの偉力が絶大なことに驚きます。

また、池の南側では、業者によって水抜き弁の補修工事が始まっています。この10年以上、いやもっと長い年月、弁が壊れたまま補修されず、水抜きのために、地元の財産区のご老人が池に潜って、手で弁を開けていました。ワイヤー、ロッドで非常用放水口が復活すると、その危険な労苦から解放され、容易に水位の管理ができるようになります。どっと雨が降って水が溜まり、あふれると一気に池から流れ出ることの繰り返しでしたが、福田川に一定の水が流れこむことが期待できます。水の流れができると、メダカをはじめとする生きものたちも、活気づくはず。それこそ、流域の私たちの望むところです。


着実に進み始めた福田川水系の環境改善の取り組みを、私たち流域住民も強力に、我がこととして推進していきたいです。

2021年2月28日日曜日

20210228 福田小学校前〜コープこうべ福田店前も、隠れていたゴミが山ほど出てきました

今日は、第四日曜日。福田小学校前〜コープこうべ福田店前の今年最初のクリーン活動でした。この区間も、1月に兵庫県・神戸市さんによって雑草、雑木がきれいに刈り取り、搬出されました。おかげで日当たりが良くなり、ゴミと土と藻が合わさった粉塵の臭いも、ずいぶん軽減されました。

川原橋地区と同じように自由に行き来できるようになった高水敷からは、草木や土の中に埋れて隠れていたゴミが山ほど出てきました。メンバー4人が一時間で回収できる量のゴミを、フウフウ言いながら集めました。



川は見通しが良く、ゴミが少なくなりましたし、捨て辛くもなったと思います。散歩の方も気持良く上から覗いて歩けることでしょう。

クリーン活動が終わって、帰り際に、一段高い高水敷を土手からm、ソフトドリンクのカンカンがまとめて入ったビニール袋や、袋に入れて捨てられて高水敷のコンクリートに当たって飛び散った大量の電池が目に入りました。ゴミの投棄は、止めてもらいたいです。


次回の、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動は、3月28日(日)9時からです。お近くの方は、ぜひ、ご参加下さい。

2021年2月14日日曜日

20210214 雑草・雑木刈り取り後の高水敷からは、埋れていたゴミが出てきました

 今日は第二日曜日で、福田川川原橋〜瑞穂公園前の区間のクリーン活動の日です。一気に春が来ました。ジャンパーも要らない陽気になりました。高水敷では、雑草、雑木が刈っても刈っても生い茂り、活動メンバーは秋以降、引っ付き虫に悩まされてきました。先週、兵庫県、神戸市さんによって、今回の区間をはじめ、上流の福田小学校前〜コープこうべ福田店前の雑草、雑木が取り払われ、すっきりした状態になりました。


露出した地面からは、埋れていたゴミが現れてきました。今は見かけないソフトドリンクのカンカン、自転車の残骸、そしてたばこの吸い殻やお菓子の包装。変わったものでは、入れ歯が出てきました。




高水敷の地面が見渡せるようになると、ゴミも目立つので、投棄を思いとどまる方が増えることを期待します。

次回の川原橋地区のクリーン活動は、3月14日(日)8時からです。暖かくなりました。生きものたちも、ボチボチ顔を出してきます。一人でも多くの方の参加をお待ちします。



2021年2月6日土曜日

20210206 名谷滝ヶ谷奥池の再生が始動しました

 昨日、本日の二日間、名谷の福田川源流の一つである滝ヶ谷奥池のかい掘りが行われました。両日とも、神戸市企画調整局の職員、池の敷地を管理する神戸市公園緑化協会の総合運動公園の職員、地元の奥畑財産区の皆さん、そして、約10名の留学生のボランティア、神戸高専の先生、福田川クリーンクラブのメンバーが参加しました。

天気予報がすっかり外れて春の陽気の本日は、奥畑財産区の区長さんや、福田川クリーンクラブからも私と家内も含めて5名が加わり、放水口付近の浚渫と池の中程にある水たまりの拡張作業で、泥まみれになって汗を流しました。 



腐葉土と粘土質の土からなる泥は、冬の晴天続きでも池の水を含んで重たいです。作業用のベニヤ板に張り付くと、非常に滑りやすくなり足を取られて、なかなか気が抜けない作業でした。それでも、若く元気あふれる留学生や市の職員をはじめ、皆さんが力を合わせることにより、放水口付近の泥土がだいぶん取り払われました。先日、西区押部谷町木津のため池の再生作業で取ってきた竹パウダーが水分を吸ってくれて、どろどろの土を固めるのに大いに役立ちました。

掘り出した泥土は、長年の浸食でえぐれた護岸付近に運びました。その結果、淀んだ池に水の流れを作る新たな水面ができ、放水口からは水が流れ出る確かな音が聞こえるようになりました。川の中程には大雨時の鉄砲水で護岸がえぐられるのを防ぐ、土のうの陣地ができ上がりました。

池の護岸では、フェンスの蔓草が一掃され、土手の構造を弱め、池に落ち葉をたい積させてきた土手の雑木も、地元のご老人方により、きれいに切り取られ、見通しが良くなり、作業者の立入りもだいぶん楽になりました。



長年たまりにたまった土の量は膨大です。両日の作業で一気に昔のように適度な水をたたえ、田畑や福田川に絶え間なく水を供給する「ため池」に戻ったわけではありません。これからも、さらに継続した土木作業や雑木の伐採が必要です。過度な貯水による池の護岸の浸食、池のフライパン化を防ぐために、細やかな弁の開け閉めによる貯水管理も必要です。神戸市による弁の補修工事も待ち遠しいところです。






長年、諦めにも似た気持ちで、半ば放置されていたため池に、人が戻り、熱気が吹き込まれました。貴重な在来の生物であるスジエビ、ヌマエビ、タニシ、そしてメダカも活気づくのに違いありません。

今後、滝ヶ谷奥池は神戸市による地球温暖化の進行阻止の取り組みである「ブルーカーボン・グリーンカーボン育成」の研究および実証実験の場としても活用されるとのことです。具体的には、来年度以降、二酸化炭素を効率的に貯蔵できる草が、池の中に植えられ、育成されると聞いています。

今回の作業は、池の敷地の管理者の公園側にも、水利権者の財産区の皆さんにも、水が流れこむ福田川流域の私たちにも、再び身近な自然環境に目を向けさせ、守っていく行動を起こさせるきっかけになりました。

この良い流れを絶やさないように、流域住民の私たちも、より多くの人たちを巻き込み、智恵と体力を注ぎ込みたいです。