2020年2月10日月曜日

20200210 待望の川原橋ビオトープへのわき水導水路工事が進み出します

福田川の自然環境保全に努めている私たちが待ちに待った工事がいよいよ、始まろうとしています。

一昨年の春に、福田川下流の川原橋に全国的にも珍しい汽水域のビオトープができ上がりました。暑い夏の日照りにも負けず、メダカや、時には捨てられたグッピーが元気に泳ぎ回り、草むらの湿地帯にはモクズガニの団地ができあがり、垂水の市街地の「小さな自然」として親しまれています。ビオトープには、高丸地区から流れ出る清水を仮設のビニールホースで流し込んでいます。


ところが、大雨の時には流失を避けるために川のよう壁に退避させなくてはなりません。週末に引き上げると、サラリーマンの私たちが次に川に行けるのは翌週末になり、その間、ビオトープの水が減ってしまうという問題がありました。これを解決すべく、このたび、河川を管理する兵庫県の方で、高水敷の修理に併せて導水路を掘って頂くことになりました。

今日は、県の関係者と私たち福田川クリーンクラブの水道工事の専門家やふだんからビオトープ作りを応援頂いている県会議員の黒田さんが現地に集まり、具体的な工事内容の打ち合せを行いました。


今年の梅雨入りまでには水路が出来上がる見込みです。これまで以上にたくさんの生き物とそれを観察する親子連れが増える日が来るのが楽しみです。

20200209たばこの吸い殻と空缶が目立った川原橋地区のクリーン活動

今年は暖冬ですが、この週末は真冬並みの寒さでした。毎月第2週目は、川原橋地区のクリーン活動の日です。わき水がしたたり落ちる日陰の高水敷にはうっすらと氷が張っていました。川にはアオサギや水鳥がいましたが、透明度の高い川の中や高水敷には、冬の時期らしく、一匹も生き物は見当たりませんでした。


満潮でゴミが海に流されてしまったのか、いつもの月と比べて、ゴミの量は少なかったです。その中で目立ったのが、たばこの吸い殻と飲み物の空缶です。吸いがらは、川沿いの道路にもイヤになるぐらい、たくさん落ちていました。川の高水敷の多くの吸いがらも、道路の側溝にポイ捨てされたものが流れ着いたのでは無いかと思います。


空缶は、明らかに川への投棄です。飲みさしが残っている空缶もありました。何も入っていないと思って火ばさみで拾い上げると、ドボドボと中の液体が飛び散って、ズボンに雫がかかって閉口させられました。中身を残して、わざわざスクリューキャップを再び取り付けたものも、何本もありました。川はゴミ捨て場ではありません。



次回の川原橋地区のクリーン活動は、3月8日(日)で、時間は朝、8時からです。これまで10月から6月にかけては9時スタートとしてきました。メンバーのその日の行動しやすさを考えて、年間を通して8時からとします。

春間近の来月の川の中や高水敷は、生き物も姿を現して少しにぎやかになり、生き物を観察しながらの楽しいクリーン活動になると思います。ぜひ、川原橋ビオトープ前に集合ください。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。