2022年1月15日土曜日

20220115 福田川クリーンクラブの2021年の活動報告ができ上がりました

 福田川クリーンクラブの2021年の活動報告ができ上がりました。どうぞご覧下さい。そして、福田川の環境を良くして、良いまちづくりを行う活動にご興味を持ち参加される方が一人でも増えますとうれしいです。(資料をクリックで、各ページ拡大、連続でご覧頂けます)

昨年、クリーン活動では企業のESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みの高まりを受けて、地元の複数の企業から新たに多数のボランティア参加がありました。ありがとうございます。また、福田川水系や川が注ぎ込む大阪湾の環境改善に向けた新たな取り組みも始まりました。生態系の調査記録も、調査機材の拡充などで新たな発見が生まれています。

一方、新型コロナウイルスの影響を受けて、川を活用した地域交流活動が軒並み取りやめや中止を余儀なくされました。週末天候不良の日が多くて、クリーン活動も4回×2か所、1回×1か所の9回も中止せざるを得ませんでした。

今年も、さらなる活動の進化、福田川水系の環境改善と地域の魅力アップに向けて、クラブのメンバー全員、頑張っていきたいと思います。ご声援、応援を引き続きお願いいたします。


























2022年1月9日日曜日

20220109 福田川の3地区でクリーン活動が始動しました

 今日は第二日曜日です。福田川流域のつつじが丘、あじさい公園、川原橋の3地区で、それぞれ今年最初のクリーン活動を行いました。朝8時の開始時には霜が降りているところもあり、鉄の火ばさみも冷えているために、パクパクゴミをはさむのにいつもよりも力が必要でした。



つつじが丘やあじさい公園では、いつもの月と比べてゴミの量が少なかったようです。川原橋でも集めたゴミの袋の数は、先月の2/3ぐらいでした。ただし、高水敷に袋に入れて投棄されたゴミがあったり、まとまってたばこの吸い殻が転がっていたり、バイクのカウリングまで見つかったりして、マナーの悪さを感じされられました。また、河口付近では、海から吹き上げられポリ袋や包装紙、発泡スチロールのかけらと言ったたゴミが雑草のカスの黒い水と入り交じって、真冬ながら結構な臭いを放っていました。





今月は、23日(日)9時から、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動です。寒さは2月にかけて続きますが、体調管理の上、たくさんの皆様が参加されるのをお待ちしています。


2021年12月26日日曜日

20211226 今年最後のクリーン活動、強風でビニールや色々なものが飛んできていました

 今日は第四日曜日で、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動の日で、クリーン活動納めとなりました。ここ数年で一番の寒波、と天気予報で脅かされていましたが、今朝はまだ、霜が降りるような寒さではなかったです。それでも、強めの風が吹いて日陰で樹木にまとわりついたゴミを取っていると、指先がかじかみました。


この数日、強風が吹き荒れているせいか、高水敷にはたくさんのビニールや洗濯物と思われる衣類も飛んできていて、シナサワグルミの枝や岩に引っかかっていました。川原橋地区と同じように、犬のフンの投棄もありました。雑草・雑木刈り取り後で冬枯れの高水敷では、地面に半ば埋まっていたビンカンペットボトルも山のように出てきて、1時間の作業で45リットル入り袋2袋分にもなりました。






樹木の根元には、大きな翼を拡げたカラスの死体があって、ビックリしました。


今日の作業では、極暖ヒートテックのインナ、エドウィンの防水透湿ジャンパー、正ちゃん帽で武装して、寒さをかわすことができました。この冬は、この装備で乗りきります。

新年の福田川クリーンクラブの活動予定は、次の通りです。本年、皆さまにはたいへんお世話になりました。来年も、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

■新年の活動予定

1月9日(日)朝8時〜9時:川原橋〜瑞穂公園前、あじさい公園、つつじが丘

 ※例月、あじさい公園とつつじが丘は第1週ですが、正月休みに当たるため

  1月は第2日曜日の9日(日)開始とします

1月23日(日)9時〜10時:福田小学校前〜コープこうべ福田店前


2021年12月15日水曜日

20211215 11月27日(土)・28日(日)実施「福田川生物多様性確保プロジェクトの調査」報告資料の公開

  先月、11月27日(土)・28日(日)に実施しました「福田川生物多様性確保プ ロジェクトの調査」の報告資料を公開します。


 今回も、福田川源流の落合池を起点に、河口付近の川原橋ビオトープまでの9 か所を二日間掛けて水生生物、水質、植生について調査しました。2年ぶりに、 二日目の調査箇所にも前日仕掛 けを行い、生き物の調査捕獲を行いました。 
 支流小川では、これまでの調査で最大級のカワムツを捕獲しました。支流小川 の土池では、陸地の奥深くの場所にもかかわらず、海と川を行き来するテナガエ ビを捕獲。汽水域の瑞穂公園前では、レッドブック記載のカワアナゴを捕獲しま した。 
 残念なことに神戸市内でも一二を争う非常に水質が悪い福田川ですが、生き物 がたくましく生きている様子や水質、植生を資料でご確認頂けます。 

 この調査は、年4回季節毎に実施しています。次回は、来年2月の予定です。福 田川流域の生き物の様子や、水質、植生を総合的に知る絶好の機会です。次回調 査には、多数の皆様のご参加をお待ちしています。