2021年10月24日日曜日

20211024 神戸市長も来られ、草刈りで露わになった高水敷で大量のゴミ取り(福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動)

 今日は第四日曜日で、福田川・福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動の日です。カラッとした天気のもと、前日までの雑草・雑木の刈り取りで足元の様子が露わになった高水敷で、1時間、汗を流しました。投棄ゴミやポリ袋、缶・ペットボトルなど10袋近いゴミが集まりました。

冒頭には、市長選挙で遊説中の久元喜造神戸市長が立ち寄って下さりました。日頃、市長には福田川の様子を非常に気を掛けていただいていますが、クリーン活動の様子をご覧になったのは、今日が初めてです。ふだんの福田川の高水敷には鍵が掛かっていて市民が立ち入れません。環境を良くして、いつの日か、市民が自由に散歩できる環境に持って行きたい、と希望を申し上げました。市長からは、川の中を管轄する県知事に、その旨伝えておく、とお話頂きました。

今日の活動にも、クラブのメンバーやコープこうべ福田店の店長さんに加えて、地元の乙木ふれあいのまちづくり協議会の委員長さんや委員さんも参加されて、いつもの月に増して賑やかな活動になりました。

先月のクリーン活動では、行く手を雑草・雑木に阻まれました。福田小学校前のスロープからの南側の区間では、50メートルほど行ったところで折り返さざるを得ませんでした。今日は、左岸の高水敷の南端を越えて右岸の高水敷に渡り、昭栄堂製菓付近まで手を広げることができました。



雑草の下に隠れていた家庭からの投棄ゴミや木に引っ掛ったゴミは、木工ボンドが腐ったような強烈な臭いを放ち、閉口しました。粉塵除けを兼ねて付けていたマスクも取り外すと、たまらない臭いです。高水敷を市民が散歩できるようになると、雑草も踏みしめられて成長が弱まります。道路からのポイ捨ても、市民の目を気にして減るのでは無いかと思います。そのような日が来ることを願いながら、地道に活動を続けていきます。


福田小学校の校庭からは、少年野球の元気な声や校庭の隅の雑草を刈るエンジン草刈機の音が聞こえていました。高水敷におそらくファールしたボールが落ちていたので、返しに行くついでに、クリーン活動を案内するチラシを保護者にお配りしてきました。礼儀正しく挨拶ができて体力があり余る少年野球のメンバーの中からも、練習の前に何名か、活動に参加してもらいたいと願っています。

次回の福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動は、11月28日(日)の9時からです。たくさんの皆様のご参加を心待ちにしています。

2021年10月10日日曜日

20211010 作業の後は秋恒例の服に付いた種取り・川原橋地区のクリーン活動

 今日は10月の第二日曜日ですが、強烈な日差しと9月の初めを思わせる暑さが続いています。6人のメンバーが今月も元気に、下流川原橋地区のクリーン活動を行いました。足元では、カニが今の時期にしては活発に動き回っていました。

高水敷の雑草は、8月に刈ったところです。それが大人の背丈ほどにも伸びているところがあり、行く手を阻みます。足元も良く見えないところがあるので、用心しながら薮をかき分け、前に進みました。




今日目立ったのは、弁当やおやつの容器です。まだ食べ物が中に付いているものもあり、食べ終わったあと川に投棄されたのではないかと推測されます。川を下り、海の水に揉まれて細かく砕かれると、重大な海洋汚染や生物の営みを脅かす存在になります。そうなってはいけないと念じながら、薮の根本から拾い集めました。タブレットや電池も捨てられていました。これらも生き物にとっては有害なので、きちんと粗大ゴミに捨ててもらいたいです。

川原橋のビオトープには、ヤシの繊維でできたビオロールを据え付け、植生を促す実験を行っています。なかなか期待していた雑草の発芽が無かったのですが、今日見ると、まぶしていた土から緑の葉っぱが出ているのが見えました。今後、狙い通りに雑草が繁茂してビオトープを仕切る境界石を覆い隠すことに期待です。

作業が終わると、全員がしばし、この時期恒例の服に付いた種取りタイムです。河口の駅前の方からは、垂水の秋の風物詩のふとん太鼓の威勢が良い鐘太鼓の音が聞こえ、新型コロナで控えられていたはずのふとん太鼓の辻回しの姿も見えました。

それにしても、汗だくになりながら種取りするのは、いつもの年には無いことです。私の肋骨や膝の傷もだいぶん癒えてきましたので、今週末は、メンバーと共に、久しぶりにエンジン草刈機をぶん回すことにしました。

【番外編】

クリーン活動の後、福田川支流の小川に行き、耕作放棄地と竹林が繁茂して残念な状況になっている環境再生の打ち合せに参加しました。その後、福田川多自然確保プロジェクト調査で立ち入っている水辺に入りました。そして、足に自信が無い私に代わって同行のクラブのメンバーに、カワムツを4匹、捕まえてもらいました。きれいな水の中には、大きなモクズガニも見えました。


自宅の水槽でカワムツなどを飼育しているのですが、先日、最もなついていたオスが天寿を全うしました。後には同じ時期にわが家にやってきたオス二匹となっていましたが、おかげさまで賑やかさを取り戻しました。今度の仲間には、メスが混じっていて、わが家で初めて繁殖が行われることを願いたいです。

2021年10月5日火曜日

20210828 「福田川多自然確保プロジェクト調査」夏の調査結果を公開します

 大変遅くなりましたが、8月28日(土)に行いました「福田川多自然確保プロジェクト調査」がまとまりましたので、公開します。


前日の魚介類捕獲のための仕掛けの最中に、福田川源流のため池の用水路に半身が転落し、肋骨二本を骨折し膝を打撲。28日(土)の本調査は、朝の挨拶だけで、残念ながら同行できず、メンバーの一人が写真記録を行って下さいました。

今回のハイライトは、落合池でここ数回ほとんど掛かっていなかったモツゴが大量に捕獲できたことと、滝ヶ谷奥池で昨年末の水抜きなどでいったん減ったアメリカザリガニがしぶとく復活を遂げていたこと、そして土池でイシガメを捕獲できたことです。調査に使ったもんどりを、これまでの調査で最も好成績のモデルに統一したことと、エサに高級なブリアラを使用したことが奏功したのかもしれません。

水質面では、落合池南東側で硝酸性、亜硝酸性窒素濃度が非常に高かったのが気になるところです。一方、常に高丸地区からの清水が流れこむ、汽水域の川原橋ビオトープでは、素晴らしいCODの値が今回も記録されたのが嬉しいニュースです。

詳しくは、どうぞ資料をご覧下さい。

福田川クリーンクラブでは、福田川水系の様子を季節毎に記録し、将来の環境改善に備えています。「普通の川とちがって上流に行けば行くほど水質が悪い川」ですが、たくましく生き物が往来し、暮らしています。この記録をご覧の方々でも、その姿を一度見てみたい、と言う方がおられましたら、ぜひ、ご連絡ください。次回秋の調査は、11月末、27日(土)・28日(日)の調査を予定しています。都会の身近な自然のアドベンチャーにお誘いします。














2021年9月12日日曜日

20210912 薮をかき分けて川原橋地区のクリーン活動

第二日曜日の今日は、福田川・川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動です。先月までに頑張って草刈りを行った川原ですが、早くも大人の膝のあたりまで雑草が伸びていました。

先月末の福田川水系の「生物多様性確保プロジェクトの調査」で、薮で足元の用水路が良く見えず、転落して肋骨二本を骨折し膝も打撲して、現在治療中です。それで今日は注意して高水敷の薮をかき分けて進みました。骨がつながり元気になれば、また、草刈りを行います。




今日目立ったのは、包装袋、そしてビンカンペットボトル、たばこの吸い殻です。いつもながら、スーパーの袋に入った投棄ゴミもありました。また、事前に地域の方がビオトープ付近のゴミを集めて下さっていて、その中には壊れた椅子といった荒ゴミもありました。今日の活動では、第九の練習があるとのことで、集合時間の8時前から活動を行って下さったメンバーもおられました。1時間の活動の終り頃に小雨が降り出しましたが、間に合いました。

ビオトープに先週、ヤシの繊維で作られた「ビオロール」を据え付けました。まとまった雨降りでちょうど良いあんばいに泥を被っていました。植物が根付きそうです。

次回の川原橋地区の活動は、10月10日(日)の8時からです。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。


2021年9月4日土曜日

20210904 川原橋ビオトープに植生を豊かにする「ビオロール」を設置しました

 川原橋ビオトープには、高水敷を道路の境界石で仕切り、高丸地区から流れこむ湧き水を溜めています。コンクリートの高水敷には上流から流れ着いた土の上に葦やガマ、雑草が茂り、モクズガニやクロベンケイガニのほかに、水たまりにはメダカ、カダヤシ、それになぜかグッピーも居ついています。道路の境界石のコンクリートが無粋で、ここに植生を促し、魚介類の隠れ家を増やしたいと考えました。そこで今日、福田川クリーンクラブの有志が、雨が上がるのを見計らって「ビオロール」を取り付けました。

ビオロールはヤシの繊維がロールケーキ状に巻かれた製品です。ここに上流から流れた雑草が根付き、豊かな緑となって、コンクリートの境界石を覆い隠すことを期待しています。納入してくださった業者さんのお住まいはビオトープ近くの滝の茶屋で、ビオロールの変化を見守っていただけるとのことです。ビオロールや取り付ける部材の購入に当たっては、神戸市環境局の市民の水辺活動助成を活用させていただきました。ありがとうございます。






2021年8月22日日曜日

20210822 薮をかき分け、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動。大雨で流されたのか、ゴミは少なかったです

 今日は第四日曜日で、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動の日です。曇っていましたが蒸し暑い天気のもと、3人で活動を行いました。

この区間の高水敷の最後の草刈りは6月26日です。その後、雑草、雑木はぐんぐん伸びており、たくさんのゴミが埋もれたり、引っ掛ったりしているのではないかと思っていましたが、予想は外れました。いつもは1時間の活動時間をフルに使ってゴミ集めを行うのですが、今日は30分程で集めきりました。川幅が狭く高水敷の高さが低いために、大雨ですぐに高水敷は水浸しになります。今日も、まだ足首以上の高さの水が残っていました。溜まったゴミは、あらかた流されたと思われます。残ったゴミの多くは、ビニール袋でした。



高水敷の水面には、無数の何かの卵がありました。また、残しておきたい可憐な白い花や、雑草ではありますが、質素な紫の花も咲いていました。きれいな湧き水も絶え間なく流れ込んでいます。雑草・雑木刈り取りをしっかりと行い、整備すると、素敵な散歩道になります。




クリーン活動に、地元のふれあいのまちづくり協議会も参加して頂けないかと、先日、会長さんにも相談して、声がけ頂けることになりました。小学校では、日曜日、少年野球の練習が熱心に行われています。その有り余る力も少し頂けないか、話をしてみます。

次回のクリーン活動は、9月26日(日)の9時からです。一人でも多くの皆さんの参加を、心待ちにしています。

2021年8月8日日曜日

20210808 快晴の夏空の元、大潮満潮の下流でクリーン活動を行いました

 今日は第二日曜日で、福田川下流の川原橋地区のクリーン活動の日です。前日までの天気予報は午前中曇りでしたが、完全に外れました。8時の開始時刻は快晴。強烈な日差しでぐんぐん気温が上がる中、活動を行いました。

朝、川原橋ビオトープから川の河口方向を見ると、海水に浸かっています。潮位が分かるアプリを開くと、ちょうど大潮の満潮時刻の直後だと分かりました。高水敷が海水に覆われていると、岸壁と水面の境が分かりにくいこともありますが、今日は水の透明度が非常に高かったです。クリーン活動の後、泳ぎたくなるところですが、高水敷は直角に岸壁が切り立っており、水から上がるところが無く危険なのです。

高水敷では、6月に刈った雑草が伸びて、一部、薮になっているところもあります。今日の夕方、また、修理が終わった草刈機をぶん回してきます。全般的にゴミの量は少なかったですが、ビニールやプラスチックのかけらが目立ちました。また、海から吹き上げられてきたと思われるゴミも葦の根本にありました。針が付いたルアーは大変危険です。捨てるのは止めてもらいたいです。




変わったところでは、食用蛙の死体を二匹も見かけました。高水敷や川のよう壁では、無数のクロベンケイガニがちょこちょこ走り回っていました。頭をなでてやると、挨拶をするようにはさみを開いて可愛らしいです。ビオトープのメダカや、どこからやって来たか不思議なグッピーも健在です。

次回の川原橋地区のクリーン活動は、9月12日(日)8時からです。猛烈な暑さも少し収まっているかもしれません。ブログをお読みの皆さんのご参加をお待ちしています。