2019年6月10日月曜日

20190609 今月の川原橋のクリーン活動でも投棄ゴミが目立ちました

昨日は、第2週の日曜日で、福田川・川原橋地区のクリーン活動の日でした。カラッとした素晴らしい天気のもと、ゴミ収集を行いました。クラブのメンバーの数は残念ながら少なかったですが、今回、学生メンバーの堤さんと堀さんが参加してくれました。堀さんは、何と、淡路島・志築からのご参加とのことです。ありがとうございます。お二人が所属するESD推進ネットひょうご神戸は、神戸大学に事務局があり、「持続可能な開発のための教育推進」を標榜し、メンバーは、環境保全や社会福祉などのさまざまな活動に参加しています。



今回のクリーン活動でも、残念ながら投棄ゴミが目立ちました。業者のものと思われる、食用油の入ったペットボトルの他、使用期限が切れた消火器まで捨てられていました。河口付近の潮の干満の境目の葦の根本には、吹き寄せられたペットボトルやお菓子のガラ、たばこの吸い殻が集結して、日光に温められて異様な臭いを放っていました。


私たちは、この現状を広く公開して、ゴミ捨てを少しでも減らしたいと願っています。川の中を悠々と泳ぐボラやクサフグにスズキ、高水敷のモクズガニのためにも。


川原橋付近の高水敷は、1月に、兵庫県神戸土木事務所によって草木が刈り取られましたが、子どもの背丈ほどにも伸びています。来月、7月13日(土)には、毎年恒例の、垂水区海岸・河川等一斉清掃が開催され、川原橋付近にも普段立ち入らないたくさんの市民が入ってゴミ拾いを行います。それまでに、クラブの有志でエンジン草刈り機をぶん回して、高水敷の散髪を行う予定です。


2019年5月15日水曜日

20190503/05 GWに実施した、今年度第1回目の「福田川生物多様性確保プロジェクト」調査結果がまとまりました

5月3日(金)、5日(日)の両日にわたって、今年度1回目の「福田川生物多様性確保プロジェクト」調査を行い、その結果がまとまりました。

今年度は、福田川で特徴的な上流域ほど水質が悪い謎を明かすべく、源流付近で調査地点を3箇所(4池)増やしました。

福田川水系にはこれまで、魚類の特定外来生物は、幸いなことにはびこっていないのでは、と思っていました。しかし、今回の調査で、あっさり裏切られ、ブルーギルやブラックバスが多数生息している場所が見つかりました。福田川水系の本流などに広がらないように、啓発を行う必要があります。

また、水質では、今回に限って、異常にリンの値が高かったです。あらたな謎が生まれました。

詳細な調査結果は、資料をご覧下さい。

「福田川生物多様性確保プロジェクト」では、この夏を始め、今年度も季節毎に川や池に入り調査を行う予定です。福田川の真の姿に触れる絶好の機会です。調査活動にご興味がある方は、ご一報下さい。














2019年5月12日日曜日

20190512 カラッとした天気のもと、川原橋地区のクリーン活動を行いました

今日は、第2日曜日で、福田川川原橋地区のクリーン活動の日です。カラッとした素晴らしい天気のもと、クリーン活動を行いました。いつも参加しているうちの娘が、中学校に入りクラブ活動が始まったり、大学や高校の勉強があったりして参加できなかったこともあり、少ない人数の活動になりました。しかし、幸いなことにゴミの量も、いつもの月と比べて少なかったです。


今回、大物で目立ったのは、昨月と同じく、業務用の食用油のポリタンク。そして、たばこの吸い殻のまとまった投棄。変わったところでは、まだまだ使える老人のステッキ、そして少し壊れた幼児の乗り物。

川の中では、たくさんのボラとクサフグが気持ちよさそうに泳いでいました。こちらの変わり者としては、高級魚のスズキ、そして赤ちゃんエイが見られました。高水敷では、臆病なヘビが私たちの足元から逃げ出して、高水敷の石垣のすき間に消えていきました。


その高水敷の壁面には、抹茶のような美しいコケが水面上にびっしりと付いていました。季節が進んで、川の内外がにぎやかになってきています。福田川のクリーン活動は、生きもの観察もできるのが、楽しいところです。

クリーン活動のあと、ビオトープjの汚れや藻も落として、すっかりきれいな高水敷になりました。


来月の活動日は、6月9日(日)。皆さまのご参加をお待ちしています。


2019年4月14日日曜日

20190414 福田川クリーンクラブ・川原橋地区とつつじが丘のクリーン活動 大量のゴミに辟易しました

今日は第二日曜日で、福田川クリーンクラブ・川原橋地区のクリーン活動の日です。そして、いつもの月は、第一日曜日に行われているつつじが丘および、あじさい公園のクリーン活動も、今月は、今日行われました。


天気予報は午前中から雨でした。しかし、10時の終了時刻前まで、何とか天気が持ちました。川原橋は久しぶりに参加する近所のご家族や、以前、つつじが丘で参加されていて3年ぶりに川原橋で参加された方、そして、受験が終わったわが家の長女と次女が参加して、活気がありました。



好天が続いてゴミが海に流されなかったためか、高水敷では、いつもの月に増してゴミの量が多く、袋に入れて不法投棄された家庭ゴミもあり辟易させられました。飲食店などの事業者からと思われる業務用の食用油が入ったボトルは大きく、重たく、腹立たしさが込み上げてきました。捨てた方は、考えを改めて欲しいものです。


川の中では、ボラの群が悠々と泳ぎ、時々水面でジャンプを披露してくれて、クサクサした気分が紛れました。季節が進み、川の中もにぎやかになってきています。


同時間に行われた、つつじが丘の活動でも、業者と思われる資材の投棄ゴミがあったようです。ゴミ捨てを減らす啓発活動の必要性を感じます。




2019年3月10日日曜日

20190310 福田川クリーン活動:今月の下流域はたばこの吸い殻が多かったです

今日は第2日曜日で、福田川クリーン活動の下流域・川原橋地区の活動の日です。年度末で皆さん忙しく、レギュラーメンバーも残念ながら欠けて、少人数での活動となりました。


3月始めにしては気温が高く、ジャンパーなしでも大丈夫でした。心配した天気も、1時間余りの活動の最後あたりまで持ちました。1月にきれいさっぱりと草木が刈り取られた高水敷で、まだ生き物の活動はまばらでした。


代わりに目立ったのが、たばこの吸い殻。同じ種類のフィルターがまとまって葦の茎の下などに集中して見つかりました。ドライバーが、意図的に灰皿の中身をぶちまけたことを疑います。レジ袋に入った家庭ゴミのポイ捨てもありました。



普段、川の高水敷で人を見かけることはありませんが、今日は、人がおられました。近寄ってみると釣りをしているのが分かりました。スズキが釣れれば良いのだが、とおっしゃっていました。いつの日か、何人もの市民が気軽に釣り糸を垂れることができる川にしたいものです。


川原橋のビオトープには、清水が流れこむ側溝から吸いがらや、ドリンクの缶、お菓子の包装紙などが数多く流れ着いていました。地域の住民から県の土木事務所に、「誰が管理しているのか。水が汚く濁り、ゴミも目立ち、環境が良くない」との電話があったそうです。ビオトープを構築、運営している私たちも、そのような残念な電話が掛からないように、管理をしっかりするのとともに、ビオトープの価値を、広く地域に紹介していきたいと思います。

-------------------------------------
それから、先月の2月17日のクリーン活動の様子も少しご紹介します。
これまで、瑞穂公園から北の中流域は、うっそうとした樹木や草に行く手を阻まれて、入り込むのが困難でした。1月に県の神戸土木事務所によって、草木が刈り取られた結果、隠れていたゴミの山が露わになりました。1時間ほどのクリーン活動では到底拾いきれないゴミの量に、たじろぎました。


私たちがカバーできていない流域の住民を巻き込んで、川を良好な環境に取り戻す努力が必要だと痛感しました。



2019年1月27日日曜日

福田小学校前のクリーン活動も始動しました

今日は第4日曜日です。福田川クリーンクラブでは、流域4か所に分れて週替わりでクリーン活動を行っていますが、今日は、中流域の福田小学校前の今年初めての活動です。気温4度の冬らしい寒さの中、いつも熱心に取り組まれているメンバーのほか、下流の川原橋からもベテランが駆けつけてくれました。




年末にクラブのメンバーがあたりの草木を刈り取り、大きな移入種の木の幹は、川を管理する兵庫県で切り取ってくれていました。それで、枯れ草が腐ってジクジクしていた高水敷がだいぶん乾き、見えていなかったゴミが顔を出していました。


高水敷に残った草には川面で湧いた藻が大量に引っ掛って白く乾き、みっともない姿をさらしています。真冬でもあるのにもかかわらず、結構臭います。残念でなりません。大雨が降ると水に浸かる高水敷ですが、なにがしかの植生を整えてやれば、貴重な水辺の散歩道になるのでは無いかと思います。


昨日、1月26日に、三宮のKIITOで開かれた「小さな自然再生サミット」では、水際に上向水制で寄州を構成し、生き物の住みかをもたらす「バーブ工」の事例がいくつか紹介されていました。今日、福田川を見ると、おそらく昭和の時代にこの場所でも、その造作が取り入れられていたことを発見しました。今は水質がひどく、悪食の茶色のコイしかいない環境ですが、いつか、水質が改善してほかの魚や水生生物の役に立つ日が来てほしいものです。


2019年1月13日日曜日

下流・川原橋でも今年最初のクリーン活動。たばこの吸い殻投棄が目立ちました

今日は、第2日曜日です。先週の、あじさい公園・つつじが丘に続いて、下流の川原橋でも今年のクリーン活動が始まりました。


体長を崩されたり、寒い天気からか、いつもの月と比べて寂しい参加者でしたが、小春日和の日差しの中、たくさんのゴミをひろい集めました。

先週、兵庫県・神戸土木事務所により、高水敷で伸びきってた樹木や、我々が刈り残した雑草が中流域の大町公園までの区間で、綺麗さっぱり、伐採されました。瑞穂公園から先の行く手を阻む外来樹木の枝が無くなり、足を踏み入れると、雑草の下に埋れていた大量のゴミが露わになっているのを見つけました。



下流の河口付近では、まとまった量のたばこの吸い殻が2箇所ほどありました。明らかに堤防から投棄されたと考えらます。世の中では、マイクロプラスチック対策として、ファーストフード店でプラスチックのストローを止める動きがあります。それらの大半は店の中のゴミ缶に捨てられて回収されており、路上にポイ捨ては少ないと思います。それよりも、困ったものは、いっこうに分解しないたばこの吸い殻のフィルター、食品の包装材料です。高水敷に溜まったたばこの吸い殻で、そこを住みかにしているモクズガニや、ビオトープのメダカがニコチン中毒になりはしないか心配です。


その他、変わったゴミとして、お正月に摂ったのでは無いかと思われるお寿司のプラスチックの桶や薬味も捨てられていました。こんなことを書き連ねると、垂水区民の恥をさらすようで、少し気が引けます。