2020年7月12日日曜日

20200712 川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動と草刈りで高水敷を自由に行き来できるようになりました

今日は第二日曜日で、福田川川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動の日です。今日は時折日差しも降り注いで、蒸し暑い中での活動となりました。今年の梅雨は、まとまった雨降りが続いています。高水敷の人間の背丈よりも高いところに草木の残骸が溜まっていて、長雨でここまで水位が上がっていたのか、と驚かされました。


川原橋ビオトープは、前日までの大雨ですっかりと姿を変えていました。高水敷の上に乗っていた雑草のじゅうたんはペロッとはがれ、川との間を仕切っていた雑草も一部が流れてしまい、ビオトープに貯める水が川に漏れています。観察用の敷石も、盛大に動いています。梅雨が明けたら、修復作業を行いたいです。


ゴミの方は、いつものビニールの他、今日はビンカンペットボトルが多かったです。たばこの吸い殻や軽いゴミは、まとまった雨で海へ流れてしまっていると思います。




クリーン活動の後は、残ったメンバー2名で草刈り。5月のGW依頼の作業です。2週間前に草刈りを行った福田小学校前〜コープこうべ福田店前ほどではありませんが、特に右岸の高水敷は深い薮になっていて、人の立入りがはばかられる状態でした。ヤブカラシや蔓草は水をたっぷりと含んでいて粘り強くなっており、エンジン草刈り機の鋭利な刃でもスパッと切れずに機械にまとわりつきました。その度にエンジンを止めて取り除かなければならず、なかなか大変な作業になりました。クリーン活動の後に、もう一度同じところを草刈り機をもって通ったところ、新たなペットボトルが二つ、三つ、落ちていて悲しい気持ちになりました。




瑞穂公園前では、条件が整えば、8月初旬の大潮の干潮の日に地域の子どもたちを招いて、川遊びや生き物調査を行いたいと、計画をはじめています。雑草を刈ってスッキリとした高水敷で、安全に遊べます。今年は、近隣の海水浴場が全て閉鎖で、学校の開放プールもなく、小学校のふれあいの夏祭りも中止となってしまいました。子どもたちや保護者が喜ぶ、地域のイベントになると思います。詳細が決まりましたら、ご案内いたします。

次回の川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動は、8月9日(日)の8時からです。一人でも多くの方の参加をお待ちしています。事前のご連絡は不要です。どしどし、川原橋ビオトープにいらしてください。

2020年7月5日日曜日

20200705 梅雨の合間を縫って福田小学校前〜コープこうべ福田店前の草刈り、枝切りを行いました

今日の午前中、予定通り、福田小学校前〜コープこうべ福田店前の高水敷の草刈りと外来樹木の枝切りを行いました。作業開始時は、どんよりとした雨雲が空を覆い、小さな雨粒さえ降ってきました。その後天気は回復し、作業が終わる12時頃には強い日差しも出てきて、のぼせそうになりました。



クラブの6人のメンバーが参加して、4台の草刈り機や枝切りばさみ、レーキを使って作業を進めた結果、大人の背丈ほどに伸びた雑草はきれいに刈り取りました。また、ゴミや枯れ枝をキャッチするスクリーンと化し、枝を四方八方に延していたシナサワグルミの枝も落としました。作業のおかげで、ゴミの回収活動が楽になります。それだけではなく、生きもの観察も草むらに足を取られたり、粉塵の嫌な臭いなく行えるようになります。






茂みの中ではアオダイショウが、何が始まるのだろうかと言う顔つきで、私たちを見ていました。また、枝や雑草の葉を川に落とすと、ヘビが頭から7,80センチほどを水面に出して一目散に泳いで逃げる姿も見えました。


今は、安全管理の理由から、通常、川へ降りる扉には鍵を掛けることになっています。遠くないうちに、管理者の県などに働きかけて、誰でも自己責任で高水敷(河原)に降りて楽しめる福田川にしたいです。

クラブでは、クリーン活動の他、川を活用した子どもたちが喜ぶイベントの企画・運営を行う仲間をいつも募集しています。体力が有り余っていたり、自然観察にご興味がある方は、どしどし、ご連絡ください。





2020年6月28日日曜日

20200628 雨上りの福田小学校前はジャングルにビニール袋

朝までまとまった雨降りでしたが、8時過ぎにはいったん上がり、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動ができました。実は、雨降り後の増水した中流域を間近で見るのは初めてです。水が、一部、高水敷にも上がってきていて豪快な音を響かせて、渓流のせせらぎのようでした。ふだんからこれぐらいの水量があれば、福田川の水質もずいぶん良くなるのでは無いかと思います。



高水敷は5月のGWに草刈りをしました。ところが、2か月足らずの間に雑草が大人の背丈ほどにも伸びて、長袖長ズボン、長靴の重装備の大人でも立入りがはばかられるところがありました。刈った草が肥料になっています。次回の草刈りの時には、細かく切断して川に流すようにしたいと思います。また、シナサワグルミなどの樹木も、外来樹だからといって闇雲に切り倒すのでは無く、下枝を払うのにとどめたいと思います。樹木が茂ると、下の雑草の成長が抑えられます。



今度、7月5日(日)の9時から、エンジン草刈り機やチェーンソー、アメリカンレーキをぶん回します。体力が有り余っている方、運動不足の方、自然観察を兼ねて、ぜひご参加頂きたいと思います。

ところで、今日のゴミの主役はビニール袋です。まとまった雨が降って、ビンカンは大半が流されてしまったようです。外来樹木の根元にはありました。ビニールは樹木の枝に絡みつき、川の土や草がその上に重なってゴミの木の芯になっています。火ばさみで取れない場合もあり、軍手で枝の間から引っ張り出します。晴れた日ですと、当たりに臭い粉塵が飛び散り、嫌な気分になりますが、今日は雨降り後で、良かったです。


次回の、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動は、7月26日(日)、朝9時からです。こちらの方も、参加者をお待ちしています。


2020年6月14日日曜日

20200614 梅雨まっただ中の川原橋は、ゴミも多いが生き物もいっぱい

今年の梅雨はまとまった雨が降り続き、男性的な気がします。昨晩から今朝に掛けても雨模様でしたが、朝7時過ぎには上がりましたので、下流の川原橋から瑞穂公園に掛けての高水敷でクリーン活動を行うことができました。


今日の高水敷では、いつものビンカンペットボトルの他に、たばこの吸い殻が目立ちました。在宅勤務や学校の授業が無いために、家や家の近くで過ごす方が増えて、道路の側溝や川のゴミも増えているのかもしれません。買ったものの使わなかったまっさらなポリカーボネートの大きな波板も捨てられていました。





今の季節は、高水敷がいちばん賑やかな時期です。掘り込まれた川の壁面に目をやると、黒装束に身を固めた忍者のような大きなカニがスルスルと壁を滑り降りてきます。ふだん人間の姿を見ることが無いからか、近づいても逃げ隠れしません。



草むらの中に、編み込まれたテレビのHDMIケーブルか、ネットワークのLANケーブルがくくって投棄されているように見えました。火ばさみでつかもうとすると、何か用事でしょうか、と言いたげな顔がこちらを向きました。ヘビです。よく見かけるシマヘビやアオダイショウとは違うように思いますが、今日は、クラブのへびつかいのメンバーもおらず、私には種類が分かりません。どなたかご存知でしたら、教えて下さい。



集めたゴミの集積場所は、元の場所が川原橋ビオトープの救急救命用浮環置き場になりましたので、ビオトープ降り口のスロープに変更です。家庭の一般ゴミの投棄が紛れ込まれないことを願いたいです。

このあたりの高水敷は、5月のGWに草刈りをしたところです。その後、梅雨の雨でたっぷり水分を取ったせいか、すくすく伸びてはや、小学生の背丈ほどにも伸びていました。新型コロナウイルスの影響で、今年は、毎年7月に行われている、垂水区海岸等一斉清掃が中止と決まりました。市民の皆さんが高水敷に入ることは無くなりましたが、安全なクリーン活動のためにも、また、草刈りが必要です。

2020年5月24日日曜日

20200524 川原橋ビオトープに、救急救命用浮環を設置しました

福田川の河口近くの川原橋に、全国的にも珍しい汽水域のビオトープがあります。4月には、高丸の住宅街からの清水をビオトープに引き込む導水路を、兵庫県神戸土木事務所に建設いただきました。ビオトープにはメダカをはじめ、小魚や水生昆虫、カニが多数生息するようになっています。ところが、ビオトープは高水敷のヘリにあり、高水敷の岸壁につかまるところや上がるところが無く、人が川に落ちたときに不安がありました。


この度、福田川河口の垂水漁港に本部がある神戸市漁業協同組合様にご支援頂き、本日、ビオトープの上の欄干の目立つところに、救急救命用浮環を2台設置しました。国交省の型式承認済で、遠洋漁業の漁船に備え付ける丈夫なものです。取り付けに当たっては、元ヨット部の部員のクラブのメンバーに取り外しやすく、外れにくい結び方を指導頂きました。




新型コロナウイルスが一段落して、外出ができるようになると、ビオトープも親子連れでにぎわうことでしょう。安全が確保できて、一安心です。写真にはメダカが写っていますが、分かりますでしょうか。



20200524 草刈り効果あり!福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動

カラッとした素晴らしい天気のもと、福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動を行いました。緊急事態宣言が解けて、かいわいを行き交う人も増えて、活動を行う私たちも、暗い気分から少し解放されたような気がします。今月からは、コープこうべコープ福田店の店長さんも、活動に復帰されました。強力な助っ人です。また、日頃上流のつつじが丘で活動しているメンバーも応援で駆けつけてくれました。


高水敷はGWの草刈りのおかげで見通しが良くなりました。それで、草木の下に隠れていたゴミが姿を現し、数多く回収できました。今日多かったのは、ビニール袋にペットボトルです。



高水敷には、何本もの外来樹木のシナサワグルミが生えています。エンジン刈払機では切り倒せずそのまま残っているものです。この枝に、ビニール袋などのゴミを核にして、この前刈った草と土が雨降りで増水した際にまとわりついています。火ばさみでゴミを取ろうとすると、粉塵がパーッと当たりに広がって、ひどい臭いがします。今度夏前に草刈りをする時に、チェーンソーも持ち込んで下枝を払い、草の葉が下流に流れていくようにしたいと思います。外来樹木も、適切に剪定してやれば、木陰を作り、雑草が伸びるのを抑制してくれます。


福田小学校前〜コープこうべ福田店前のクリーン活動は、毎月第4日曜日の朝9時から1時間行っています。お気軽に参加ください。一人でもメンバーが増えることを願っています。

2020年5月10日日曜日

20200510 刈ったばかりの雑草を踏みしめて、いつもよりも上流までゴミ回収しました

今日は第2週目の日曜日で、福田川河口近くの川原橋〜瑞穂公園前のクリーン活動の日です。朝8時から、曇り空を心配しながらゴミを集めて回りました。

高水敷は先日、5月5日の日に草刈りを行ったばかりで、歩きやすくなっています。汽水域の瑞穂公園前を越えた上流側にも、雑草の壁が取れて立ち入って作業できました。




刈り積もった雑草を火ばさみで起こして払うと、ビンカンやビニール袋、投棄ゴミなどがたくさん出てきました。メダカやグッピー、カニが活発に動き回る川原橋ビオトープの周辺やビオトープの中には、側溝からたばこの吸い殻が入り込んでいます。これも、火ばさみで丁寧に取り除きました。





メンバーの一人が時間になっても現れないので、電話を掛けるとうっかり活動日を忘れて須磨の横尾山でランニング中とのこと。今日は無理かな、と思いましたが、1時間近くたってビオトープ付近に戻ると、河口付近で活動していました。若い健脚ぶりと責任感には驚くばかりです。

ところで、河口付近が汽水域だと、何度もブログに書いていますが、次の写真は、昨日の午後2時頃撮影しました。大潮満潮では海水に浸かるビオトープ付近の水位が軽く1メートル以上下がっているのが見て取れます。



福田川川原橋地区のクリーン活動は、年間を通して毎月第2日曜日の朝8時から約1時間です。次回は、6月14日(日)です。川の中の魚や高水敷の生きもの観察を兼ねて、たくさんの皆様が参加されるのをお待ちしています。


2020年5月5日火曜日

20200505 半日掛けて、福田川下流、中流の草刈りを行いました

今の時期は、雑草がぐんと伸びます。放っておくと、福田川の高水敷にクリーン活動で立ち入るのも難しくなります。そこで、今日は朝8時からお昼過ぎまで掛けて、川原橋〜瑞穂公園前と福田小学校前〜コープこうべ福田店前の2箇所で、4台のエンジン草刈り機を使って作業を行いました。クラブの若いメンバーの力たるや恐るべしです。

おかげで、クリーン活動でご年配の方や子どもたちが参加しても、安全に高水敷を行き来できるようになりました。



瑞穂公園前では右岸と左岸で茂り具合が異なります。昼前から日差しをたっぷり浴びる右岸は、カラスノエンドウや種々の雑草が生い茂り、なかなか手強かったです。


しかし、中流域の福田小学校前〜コープこうべ福田店前に比べるとはるかにマシです。中流域では、子どもの姿も見えないぐらいに雑草が重層的に茂り、足元の高水敷のブロックや通路も見えず、少々危険な状態です。チョロチョロ湧き出ている水を得て、クレソンも繁茂していて、切り込むと美味しそうな匂いがしました。